結婚前の失敗しない指輪選びのコツ

婚約指輪は一般的にプロポーズと共に渡すもので、男性から送ることが多いです。結婚指輪はお互いに送り合い、結婚式で交換し合います。プロポーズ時の新鮮な気持ちを思い出させてくれるものです。相手がプロポーズを受け入れるかの判断材料のひとつになるため重要です。一般的には、普段からつける指輪は最終的には結婚指輪の方になるため、婚約指輪を身に着けている期間は短いです。中にはどちらの指輪も大事なので、二つ重ねてつける人も少なくないです。婚約指輪は、ダイヤモンドなどがあしらわれているものが多く、結婚指輪はシンプルなデザインで素材は金やプラチナが多いです。なので、結婚指輪より婚約指輪の方が平均的に値段も高いです。特に婚約指輪を購入する際は、しっかりと夫婦で話し合って後悔のない婚約指輪選びをしましょう。

指輪選びの条件と日常生活の利便性

指輪を選ぶ条件として、日常生活と照らし合わせることも一つです。よくあるのが、体型の変化を予想して大きめのサイズを買ってしまうことです。多少体重が増えても指のサイズはあまり変わりません。サイズ選びの際は、0.5号刻みで測ることをおすすめします。結婚後に普段からずっとつけていることを想定すると、錆や傷に強い素材にするか、加工をすると安全です。特におすすめは、軽くて丈夫なチタン、ジルコニウムです。指輪をつける際のトラブルとして金属アレルギーがあります。気づきにくいアレルギーのため購入する前にはできれば、検査をするとよいでしょう。指輪は普段生活をしていて引っかかることがあったり、付け外しに手間取ったりします。その手間を解消するのに近年では、指輪の内側の形状を丸くすることでスムーズな付け外しになります。

婚約指輪のデザイン性と新しい情報

婚約指輪と結婚指輪を二つ重ねてつけることがスタンダードになってきているため、その二つの指輪を重ねやすいようにフォルムを変えたりすることができます。若い世代の間では派手なデザインも人気です。ダイヤモンドはきらびやかではありますが、汚れのつまりや石とれの原因の元になります。指輪選びで迷った際は、妻の誕生日石や宝石言葉から選ぶのもよいでしょう。夫婦の結婚記念日と名前、メッセージを指輪の内側に刻印することもできます。デザインにこだわるのであれば、有名なブランド店に行く前に個人経営などの店舗に訪問することも手です。デザインだけで判断するのは保証年数や内容をみてから決めましょう。一番お金をかけずに購入できる方法があります。母や祖母から受け継いだ指輪を業者にリフォームを頼みます。1か月程度で届くので、余裕をもって注文すれば、リーズナブルな値段で新品同様の品が手に入ります。