結婚と婚約の両方で指輪は必要か

結婚と婚約の両方で指輪は必要なのかという点は、まさにそれぞれという事です。男性は渡す、女性は貰うことが多いので、この場合どちらがより気持ちが強いのかという点もあります。またもらう一方ではなく、代わりに時計などを渡すという女性もいます。このように婚約の際に贈りあうのであれば、また考え方は違ってくると思います。婚約指輪の意味とは明確な意思を表現するというだけでなく、カタチにすることで婚約状態であることを周囲にも認識してもらう意味もあります。お見合いなどでは結納もありますが、現在結納をする家も少なくなっていますので、その意味合いもあるようです。また昔は指輪を資産として考えており、何かあった時に売って、お金に換えるという意味もあります。昔は着物などを売ってお金に換えるということもありました。

結婚の前の婚約指輪はサプライズでも二人で

婚約指輪が活躍するのは、結婚するまでで、結婚をすれば結婚指輪の方を多く着けることになります。二つ一緒に付けている女性もいますが、基本的にはタンスにしまって、いざという時だけ付ける方が多いようです。しかし購入を検討しているのなら、ぜひ2人で選んでほしいと思います。プロポーズの時に渡したいという男性もいますし、女性はサプライズを求めているという方もいますが、人生で一度の指輪を、気に入らないからやり直し、とはいかないですので、2人で金額やデザインを考える方が、どちらも納得できるものを選ぶことができます。サプライズをしたい場合、指輪の空箱を渡す方法もあります。それだけでは寂しい場合、何か小さなプレゼントを付けて渡せば恰好もつきます。もちろん空の箱を渡すだけでは無く言葉も添えていただきたいです。

ターニングポイントとしての結婚指輪のはなし

いざ結婚指輪を探す時には、ぜひ多くの指輪を見てから選んでほしいです。色々な商品から選ぶことは、より理想に近づく事です。オーダーメイドという方法もありますが、それでも多くの商品から理想を、より具体的にすることで、納得できるものを作ることができます。またここで話し合いをすることで、お互いの意見をすり合わせる話し合い方が練習できます。結婚は、まさにこの繰り返しです。妥協とすりあわせ、容認をくり返すことで円満な家庭を作ります。またここでお互いが譲り合えない、嫌な点が見えた場合、結婚生活を考えなおすきっかけにもなります。結婚生活は片目をつむるといいますが、婚約指輪を買う前はまだ夫婦では無いのです。結婚前は両目を開けて相手をよく見ることが大切です。ここでより愛を深めるか、思い留まるのか、ターニングポイントでもあります。