オーダーカーテンで省エネできれば節約になります。

室温というのは窓がどうなっているかによって変わってきます。
例えば、カーテンをしているしていないたけでも、室温はかなり変わってきますね。
また、緩衝材のプチプチを窓に張り付けると、防寒になり室温は上がります。
エアコンやヒーターなどをつけていても、冬の本当に寒い日はなかなか部屋が暖まりませんが窓をそのように防寒することで寒気が入りにくくなるため、部屋がすぐに暖まるうえに、その暖かさは長い時間続くのです。
しかし、緩衝材は見映えがやはりあんまりよくないのでお客さんがきたときに少々カッコ悪いかもしれません。
荷物を包むものでもありますので、お洒落な印象は受けにくいと思います。
ならびに暑い暑い夏にも緩衝材のプチプチは使われることがあります。
防寒の時と同じように窓に貼ることで暑さ対策になるのです。
夏の場合も冬の場合もエアコンなどがついていることが前提です。
エアコンなどの効果を上げるための防寒断熱なのです。
そう考えると、そのような防寒断熱は省エネにも繋がってくるのですよね。
エアコンなどの効果を上げることにより、それだけ無駄な電力や燃料を使わなくて済むと言うことなのです。
しかし、緩衝材やシートなどをお洒落なリビングのサッシ窓に貼ったならばせっかくのリビングも台無しになってしまうかもしれませんね。
またそれなりに高級感や品格も失われてしまう恐れもあります。
そこで私がおすすめしたいのが、オーダーカーテンなのです。
オーダーカーテンは開けたり閉めたりが自由自在なので緩衝材やシートなどのように貼りっぱなしではないところがいいのと何よりもお洒落なので安心してインテリアのひとつとして取り付けることができます。
そう考えるとオーダーカーテンは本当に便利なのです。
例えば夏ですが、いくら断熱した方がいいと言ってもある程度人間は日光に当たった方がいい場合もあるのです。
特に朝日を浴びるというのはとても健康的に過ごすためには大事なことです。
冬も同様です。すべて塞いでしまったら、なんとなく暗い季節が余計に暗くなってしまいます。
オーダーカーテンなら日光を浴びたいときにだけ片手で簡単に開けて防寒断熱したいときはまた閉めればいいだけです。
今日のオーダーカーテンには遮光性や遮熱性のある生地の種類もあるので開け閉めをしなくても季節によって変える事によって省エネにもなります。
中にはこんな上級者もいます。ブラインドとオーダーカーテンをどちらも設置している人です。
これはかなり効率的に省エネできると思います。
金銭的な面からブラインドもオーダーカーテンも購入することに抵抗がある方もおられるかもしれませんが結局は省エネに繋がるのであれば、将来的に長い目で見たときにどちらが安いかという話になってくると思います。

当店は象牙、銘木などの高級素材を用いた印鑑からスタイリッシュな金属印鑑、法人用印鑑まで、様々な印鑑を取り扱っている印鑑専門店です。 お客様の想いを形してお渡し致します。 フレッシャーズセールがあります。 関東を中心に印鑑の専門店「平安堂」「さくら平安堂」を60店舗展開しています。 高級手彫り印鑑を特別価格で販売中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です