人気の結婚指輪の最近の傾向と特徴

結婚指輪は夫婦が共に持つものですので、男女どちらでも合うデザインが求められます。女性用にデザインが多少変更されることもありますが、基本的にペアとなっています。ただ興味の無い方は、とことん興味の無い分野であり、お好きな方は本当に好きなので、その方のこだわり具合によってデザインは違います。またオリジナリティを求める方は、工房を訪れてデザイナーと話をしています。ただ今の傾向はやはり細身の土台に宝石が埋め込まれている形の指輪が多い傾向にあります。普段から付けている事を前提にされており、邪魔にならない、人や物に傷をつけない、派手すぎないものとなっており、まさにさりげなくキラリと左手に光る結婚の証ということです。ただ値段は色々あり、高い安いは、大きな問題ではないようです。

結婚指輪選びは、夫婦のかたちを作ります

自分だけが付ける指輪であれば、好きなものを好きなように購入できますが、相手がいることですから、お互いが良いと思う物を購入することが理想です。ただ普段からアクセサリーを付ける習慣が無い方にとっては、指についている輪っかというイメージがあるようです。イニシアチブの高いパートナーに引っ張られる形になります。そして完成した商品を見て、何とも言えない気持ちになる人もいるようです。そういう方は、まず色々なパンフレットを見て、こんな指輪は嫌だというものを考えると考えやすいかもしれないです。もちろん理想の指輪を見つけることが良いのですが、相手の理想と合わない場合もありますので、これだけはイヤというラインを自分で決めておくことは大切です。結婚は妥協ですが、自分を守るラインは譲ってしまうと、苦痛にしかならなくなります。

結婚指輪はなぜ必要なのか、いつからあるのか。

結婚指輪は、日本では明治時代以降の風習ですが、実際に定着したのは、戦後から西洋化が進み定着した昭和40年前後と言われています。昔は男性が女性に櫛やかんざしを贈ったそうですが、アナタはわたしのもの、という意味もあり、また私は結婚していますと、周囲に知らせる意味も持ちます。また円は古今東西、終りの無いもの、切れ目のないものという物でもあり、日本語では縁にもかけられています。ただの慣習となっている部分もありますが、ここにロマンを求める女性は多いです。ただ結婚指輪と婚約指輪は違いますので、プロポーズなどで渡す指輪を婚約指輪とされていますが、最近は購入しない夫婦も多いようです。また給料3ヶ月分などと言われていますが、実際にこのような金額をかける夫婦もあまりいないようですが、この辺りは夫婦の価値観をすり合わせる必要があります。

シンプル?個性派まで年間に生み出すデザインは4万種 ジュエリーのセレクトショップ、式場など プレミアム会員5%オフ ※購入額に応じてのため、WEB上では大体的には宣伝していません 世界的に最高評価を得た自社研磨のダイヤモンド お客様の目の前でデザイン画を描くデザイン提案 福利厚生(ベネフィットワンなど)の割引・友達紹介割引 ※あまり表立ってご紹介はしていません 夫婦の証である結婚指輪をお探しならケイ・ウノにお任せ